引越しは物を捨てる、いいチャンス

私が転勤で急遽引越しを余儀なくされた時のお話です。 性格上、モノを捨てられない私。部屋の中は足の踏み場の無いほど散らかっていました。 私にしてみればどれも重要なものばかりなのですが、嫁さんからしてみればただのゴミ。 いつもケンカが絶えませんでした。そんなある日、突然の北海道転勤が決定。 私にとってはチャレンジしてみたい仕事だったので、大喜びでした。 しかし、引越し完了させるまでの期間が、その仕事のスタート時期からして1週間ほどしかありません。

私は仕事があるので、嫁さんに頼みました。 嫁さんにとっても初めての引越しという事でてんやわんや。 毎日、仕事から帰ると、「コレはいるの?いらないでしょ?引越しのトラックに乗らないわよ、 こんな荷物!」毎晩のようにいい争いしていました。私は泣く泣く、それまで集めていたおもちゃのコレクションや ゲームや本などを処分するしかなかったのです。それも時間があれば、オークションなどに出品したり、価値がわかるコレクター仲間に譲ったりもできたでしょうが、なにせ時間がありません。 近くのリサイクルショップで買い取ってもらいましたが、二束三文にしかなりませんでした。

ただし、引越し先ではスッキリとした生活をおくることが出来ているので、それはよかったと思います。 断捨離という言葉も流行っていますが、私は引越しを機会にそれを強制的に体験できました。 生活や考え方自体がシンプルになったような気がします。 やはりモノにこだわらない生活を送りたいものです。 https://www.sou-un.jp/